世の中の回復を願って

皆様、こんにちは。
オハナリホームの小川です。

最近は一気に冬が到来しましたね。
北風がぴゅ~ぴゅ~。
なのに、子供ってどうしてあんなに元気なんでしょう...。

「ジャンパーいらな~い」
「帽子いらな~い」

寒がりの私にとっては信じられないことです...。
「子どもは風の子、大人は火の子」
とはよく言うもんですが、ほんとにその通りです。

さて、新型コロナウイルスに伴う、緊急事態宣言解除から、
約半年経過しました。
未だに、コロナウイルスの影響は長引いており、
これから季節性インフルエンザの時期ですので、
皆さんも予防接種等、より一層体調管理に気をつけていきましょう。

今回の話題は「仏像と疫病について」です。

一時期、コロナの終息を願って「アマビエ」が流行りました。
あ!しかし、あれは仏像や神様の類ではなく妖怪でしたね(笑)

これまでに、世の中が疫病の流行に見舞われることは,
過去に何度かありました。

1918年~1920年のスペインかぜ
2002年~2003年のSARS流行
2009年の新型インフルエンザ流行等

皆さん一度は耳にしたことのある内容だと思います。

そんな、大変な世の中、ある種の助けなったのが、
神仏への祈りだったと言われています。

今年の10月10日から11月29日まで、
神奈川県立歴史博物館にて、
「相模川流域のみほとけ」
という特別展が開催されていました。

ちなみに歴史博物館自体も重要文化財の1つで、
貿易金融、外国為替に特化した銀行、
横浜正金銀行の本店の建物そのものでした。

今回の特別展で有名なのは、正面入口で鎮座している
「千手観音菩薩立像」
こちらも重要文化財の1つです。

この展示に来られる方は、
ご高齢者が多いと思いきや、
意外にも、ご家族連れ等、若い世代も多いというのも特徴です。

このコロナ禍で、外出を控えている方も多いかと思いますが、
家にずっといるのも、
気分も落ちてしまうとの声が多いのも確かです。

感染予防に充分注意をした上で、
世の中が早く平常に戻るように祈りを込め、
お近くの神社や、お寺にお参りをしたりするのも
気分転換にもなるので、足を運んでみてはいかがでしょうか。


お父様やお母様、大切な人との時間を
ご自宅や、ご自身の部屋で過ごす事が多くなった今、
ご自身をも大切にされる、特別な時間を過ごせます事を
切に願っております。


家づくりでお悩みの方、
新築やリフォームをお考えの方、
お気軽に、弊社までご相談ください。

PageTop