2021年11月29日

照井様邸 ウッドデッキ交換工事

施工前
BF1-PA030001.JPGBF2-PA030003.JPGBF3-PA030004.JPGBF4-PA030008.JPGBF5-PB170001.JPGBF6-PB170002.JPG

施工後
AF1-PB270001.JPGAF2-PB270005.JPGAF3-PB270006.JPGAF4-PB270009.JPGAF5-PB270016.JPGAF6-PB270017.JPG

【工事内容とコメント】
築16年のウッドデッキ
杉材(ソフトウッド)で作られていたので、だいぶ傷んでました。
写真でも分かるように梁まで折れそうな感じでした。
床はベコベコしていて貫けそうな非常に危ない状態でした。
お客様のご要望で、塗装などのメンテナンスなど面倒な事はしたくないとの事でした。
そこで、ハードウッドのセランガンバツ材(インドネシア・マレーシア産)を使用。
こちらの特性は、腐食や虫などの害、水分による腐朽に大変強くなっています。
この為、防腐剤や塗装などを定期的にやりかえる必要がなく、メンテナンスが非常に楽で
長持ちします。20~30年はメンテナンスしなくても問題なく利用できます。美観上は
キシラデコール塗装を行うことが望ましいですが、塗装を行なわなくても耐久性は十
分にあります。

《デメリット》
非常に硬い木材なので加工がしにくいということがあげられます。なので、素人が
この材料にてウッドデッキを作る際には、プロ用のインパクトや電動工具を準備し、
計画的に加工手順を踏まないと施工できないということになります。
もう一つのデメリットとしてあるのが「材料費が高い」ということです。
特に最近では、森林保護の観点から違法伐採など法整備が進み、伐採量の調整により
価格も高止まり気味です。イペ・ウリンなどは特に高価な材料となりつつあります。
材料が高いので、必然的に交換工事費が高くなってしまします。
しかし、一度作ったら交換不要。
ソフトウッドを作ったウッドデッキだと5年~15年の間で、また作り変えとなると
長い目でみたらハードウッドで作った方が安上がりですね!

【オーナー様のコメント】
素人に分かりやすく素材の特性などを踏まえたご提案をして下さりました。
また施工に関してもスピーディーに対応して下さり、
すごく綺麗な出来でとても満足しました!
オハナハウスに頼んで本当に良かったです!

2021年11月25日

AKBハイツ201号室

施工前
BF1-P7050018.JPGBF2-P7050021.JPGBF3-P7050006.JPG
BF4-P7050013.JPGBF5-P7050029.JPGBF6-P7050003.JPGBF7-P7050007.JPG

施工後
AF1-IMG_7885.pngAF2-IMG_7889.pngAF3-PA150026.pngAF4-PA150024.pngAF5-IMG_7901.pngAF6-IMG_7903.pngAF7-PA150041.JPGAF8-PA150029.JPG

施工図面
最終平面図.png

【工事内容とコメント】
築29年 間取り1K 21.8㎡ 
キッチン、ユニットバス、トイレ、洗濯パン、キッチン換気扇交換
洋室入口引き違い戸とクローゼット建具交換、トイレ・キッチン天井照明を
ダウンライトに変更、下足入れの扉とトイレの棚にダイノックシートを貼り、
窓枠木部は、ホワイトに塗装。床は、フローリングの上に塩ビタイルを貼り、
壁クロスは、アクセントクロスを入れてメリハリを付けました。
白を基調とした部屋で、爽やかで落ち着いた明るい部屋に仕上がりました。

【工事費】200万円(税込)

宮城ハイツ303号室

施工前
BF1-P9030037.JPGBF2-P9030046.JPGBF3-P9030082.JPGBF4-P9030087.JPGBF5-P9030088.JPGBF6-P9030092.JPGBF7-P9030061.JPGBF8-.JPG

施工後
AF1-PB240155.JPGAF2-PB240104.JPGAF3-PB240071.JPGAF4-PB240080.JPGAF5-PB240084.JPGAF6-PB240112.JPGAF7-PB240145.JPGAF8-PB240122.JPGAF8-.JPGAF9-PB240193.JPG

施工図面
【BEFORE】
宮城ハイツ303号室 既存平面図.png

【AFTER】
20210925■改修平面図 宮城ハイツ 303号室.png

【工事内容とコメント】
4階建てRC造 築27年 2DK 48㎡の部屋を1LDKに
リノベーション工事しました。
入居から一度もリフォームしてなかったこともあり、
全体的に古めかしいお部屋でした。
設備品は全て交換、
和室とDKを繋げて、広々としたLDKにしました。
LDKと洋室にエアコンを取付け快適です!
洗面室を広げて、洗面台とベランダにあった洗濯機置き場を室内に設置。
キッチンは新規移設。玄関とLDKに間仕切り壁を設置しました。
ユニットバスは、給湯専用を追炊き付きにしました。
爽やかで快適な空間になりました!

2021年11月22日

2021年11月12日

メゾンノムラ303号室

施工前

BF-1.jpgBF-2.JPGBF-3.JPGBF-4.JPGBF-5.JPG


施工後
AF-1.jpgAF-2.jpgAF-3.jpgAF-4.jpgAF-5.jpgAF-6.jpg

施工図面
施工図面.png


【工事内容とコメント】
1Roomの賃貸マンションのリノベーション工事をしました。
工事内容は、
3点ユニットバス(トイレ・バス・洗面台)のユニットバスとトイレを
別々にしました。
次に、キッチンの場所をずらして新品に交換。オープン下足入れスペース
を設けました。
また、床は、フローリングの上に塩ビタイル貼り、居室・キッチン・玄関
それぞれ違うものを貼りアクセントをつけました。
壁紙も要所要所にアクセントクロスを入れて、雰囲気をガラっと変えました。
工事完了後、2週間で入居が決まりました!

【工事費】209万円(税込)

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • 小冊子
  • イベント